交通事故の示談

交通事故で警戒しなければならないのは、示談の問題です。そのとき弁護士に相談することで、示談の賠償金が増える可能性が高いといいます。それは何故なのでしょうか。まず、後遺症の賠償基準は、自賠責保険基準と任意保険基準と、 裁判所基準の三種類あります。

自賠責保険基準は、 自動車損害賠償責任保険の支払額算定にあたり使用する基準であり、最低額だったり、基本保障の意味合いが強いものです。そして、任意保険基準では、それぞれの保険会社が決めている支払額算定基準です。

そして、裁判所基準は、 裁判所で採用している支払額算定基準であり、被害者にとって最も有利な基準として考えることが出来ます。私達が事故に出会ってしまった時、用心しなければならないのは、一度示談をしてしまえば、もとに戻すことが出来ないということです。

そして保険会社という存在は示談をしなければならないというときに、 支払う賠償金の額をできるだけ低く抑えようとするものです。もちろん、そこでは、「裁判所基準」に従うことはまずなく、「自賠責保険基準」または「任意保険基準」の基準に従って、額を提示してくることになります。

しかし、示談のノウハウを知らなければ、保険会社の提示する額が正しい、一つしかないものと思いただ従ってしまうのではないでしょうか。保険会社の一般的流れは、弁護士が介入することで、裁判になることを想定して、示談金額をあげようとする傾向が強いようです。

合わせて読む:専門知識が必要